子どもかるた大会

 

より早く、正確に!

北海道子ども会育成連合会では北海道独自の文化活動である百人一首「下の句かるた」を全日本下の句かるた協会や地域の指導者に御協力をいただき普及推進を図っています。

毎年2月には、日頃の練習に励んでいる子どもたちが各地域の予選を勝ち抜き、全道から一堂に集まりお互いに研鑽の成果を競い合う大会を開催しています。

北海道子どもかるた大会 競技規定・実施要領 かるた大会実施要領
かるた大会競技規定 敗者復活戦規程

第20回 北海道子どもかるた大会

結果-速報

全道各地からたくさんのご参加ありがとうございました。結果はこちらをご覧下さい。

第20回北海道子どもかるた大会 結果 第20回かるた大会対戦表

平成29年2月19日(日)に定山渓ビューホテルにおいて、北海道子どもかるた大会 が下記のとおり開催されました。

全道で小学生140チーム、中学生96チームが参加した各地の予選を勝ち抜いた小学生32チーム・中学生32チームの64チーム総勢269名の精鋭が出場しました。

栗山町の越前谷  拓翔(えちぜんやたくと)さんの元気な選手宣誓から始まり、午前9時より熱戦が展開されました。

結果は上記のとおり、小学生の部「別海町 白銀の龍チーム」、中学生の部「別海町 竜神の紅翼チーム」が優勝しました。おめでとうございます。

主管いただいた北海道文化団体 全日本下の句歌留多協会の土門 守副会長より「どのチームも技量は均衡しておりました。順位の差は「てつ」の差だと思います。これからも精進を続けて下さい。」との大会総評をいただきました。

選手の皆さん、監督・審判、応援の皆さんお疲れ様でした。

H28かるた大会全体の様子 H28かるた大会試合1
H28かるた大会試合2 H28かるた大会試合3
H28かるた大会小学生優勝 H28かるた大会中学生優勝

平成28年度も下記の日程で「下の句かるた」の大会を開催しました。

日時         平成29年2月19日(日)

会場         定山渓ビューホテル

参加対象   各地区より選抜された小学生チーム・中学生チーム

第20回北海道子どもかるた大会 開催要綱

h28出場チーム名報告書 h28選手名簿・宿泊申込書 h28学校用派遣願い

 

第19回 北海道子どもかるた大会

平成28年2月21日(日)に定山渓ビューホテルにおいて、北海道子どもかるた大会が下記のとおり開催されました。
全道で小学生164チーム中学生120チームが参加し、各地の予選を勝ち抜いた小学生32チーム中学生31チーム総勢265名の精鋭達が参加しました。

江差町の藤田さん平井さん明上さん山田さんの元気な選手宣誓から始まり、午前9時より熱戦が展開されました。

優勝は、小学生の部 別海町 白銀の龍チーム(安達那生、齋藤彩芽、酒井優穏、外川歩祈、木村華梨)

中学生の部 別海町 龍神の翼チーム(外川桃寧、秋山真里奈、富崎脩斗、安達真矢、富崎琢人)となりました。

主管いただいた全日本下の句歌留多協会の 北澤 務会長より、「どのチームも技量の上では大きな差はない。私たち大人もとても参考になりました。これからも精進して下さい。」との大会総評をいただきました。

選手の皆さん、監督、審判、応援の皆さんお疲れ様でした。

19選手宣誓 19カップ返還
19会場 19対戦1
19小学生優勝チーム 19中学生優勝チーム

全道各地からたくさんのご参加ありがとうございました。結果はこちらをご覧下さい。

第19北海道子どもかるた大会の結果 第19回対戦表

第18回 北海道子どもかるた大会

第18回北海道子どもかるた大会の結果 第18回対戦表

第17回 北海道子どもかるた大会

第17回北海道子どもかるた大会の結果 トーナメント表

第16回 北海道子どもかるた大会

第16回北海道子どもかるた大会の結果 トーナメント表

第15回 北海道子どもかるた大会

第15回北海道子どもかるた大会の結果 トーナメント表

第14回 北海道子どもかるた大会

第14回北海道子どもかるた大会の結果 トーナメント表

第13回 北海道子どもかるた大会

第13回北海道子どもかるた大会の結果 トーナメント表

第12回 北海道子どもかるた大会

第12回北海道子どもかるた大会が平成21年2月22日に開催される

このほど第12回北海道子どもかるた大会 が、札幌市にある温泉施設で行われた。

大会には全道各地の予選を勝ち抜いた小学生32チーム中学生32チームが参加した。

 

この大会は、北海道の独自な文化活動である百人一首「下の句」に親しみ、地域における子どもたちの交流を促進するため、平成8年より社団法人北海道子ども会育成連合会が主催し、全日本下の句歌留多協会の協力を得て実施している。

 

日頃の練習の成果を発揮しようと子どもたちは読み手の声に集中し、札を取るたびに畳をたたいて気勢を上げ熱戦を繰り広げた。

参加した子どもたちは「試合で勝てるかドキドキした」「チーム一丸となって戦えて楽しかった」と語っていた。

h20karuta-601 h20karuta-501
h20karuta-101 h20karuta-202
h20karuta-303 h20karuta-401

 

第12回北海道子どもかるた大会の結果 トーナメント表

第11回 北海道子どもかるた大会

第11回北海道子どもかるた大会の結果 トーナメント表

第10回 北海道子どもかるた大会

第10回 北海道子どもかるた大会 開催される

karuta01 karuta02
karuta03 karuta04
karuta05

平成19年2月25日、札幌市の定山渓ビューホテルにおいて第8回北海道子どもかるた大会が開催され道内各地の予選を勝ち抜いた64チームが集い、 熱戦を繰り広げるとともに800名余りの関係者が応援に駆けつけ小学生の部では美瑛町銀河の龍神チーム。 中学生の部では稚内市の萩見チームがそれぞれ優勝しました。

大会は入場行進に始まり、石井道子連副会長、全日本下の句かるた協会の宮野副会長の挨拶、佐々木審判長からの諸注意があり、夕張市から参加した北野聖弥君と橋谷田聖羅さんにより力強い選手宣誓がなされ、 早速に競技に入りました。

昨年からルールが改正され3位の決定については昨年同様に本戦、敗者復活戦でそれぞれ決定戦をしてい ましたが 本年からは敗者復活により勝ち上がったチームと本戦の準決勝で敗退したチームとにより3位の決定戦を行うこととなりました。

今大会も、全日本下の句かるた協会の皆さんに審判や読み手など運営を行っていただきました。

試合は各地域の予選を勝ち上がってきたチームだけにみんな強豪揃いで初戦から熱戦が展開されました。朝9時半に試合開始、昨年より30分早く始まりましが、終了したのは夕方の6時前と例年と同じとなってしまいました。選手たちの驚異的な体力には驚かされます。

読み手が札を読み上げるときの一瞬の静寂ののちに最初の一文字が発声されるかいなや手が正確に動き、 かけ声とともに木札の飛ぶ音、畳を叩く音、そして周りの応援の拍手と歓声が試合開始から終了まで休む間もなく続いていました。

いつもご指導いただいている山本永世名人が体調を崩して今大会にはお顔が見られなかったことは大変に 残念でした。とても楽しみにしておられるとのことでした。

来年はきっとお元気な姿をみんなの前に表していただけるでしょう。 来年もこの大会は実施する予定になっています。

残念ながら今回は地区予選で敗れてしまった皆さんも、「2月には定山渓で会おう」を目標に練習に打ち込み頑張りましょう………。

第10回北海道子どもかるた大会の結果 トーナメント表
歴代入賞団体

 

MENU